パワーストーン、ダンビュライトの名前は、あなたはご存知ですか?

昔には強い輝きと透明感から、ダイアモンドの代用品として利用されていたとか。

独創性や自分らしさを取り入れたい人にオススメなのが宝石のダンビュライトです。

また、ダンビュライトと組み合わせる事で、パワーストーンの効果が強まる宝石種類とは?

スポンサーリンク
 

パワーストーンのダンビュライトの意味と特徴とは

ダンビュライトのパワーストーンの意味と効果や特徴とは?

とても純粋な宝石で、高い波動とエネルギーや霊性を高めるパワーストーンの力があります。

その力は過去の悲しい経験や辛い思いをしたトラウマ、無意識の内に抱えている負の連鎖を解消して、新しいステージに昇れるように作用します。

あなたの知性と高次の意識の内面に働きかける強いパワーストーン効果により、能力や意識さえも向上させてくれます。

また、高い波動を持つダンビュライトは、高次元から情報を受け取るのに役立ち、趣味や仕事面でも新しいアイディアや独創性、自分らしさを取り戻したい人に最適です。

強力な浄化作用もありますので、心の中のマイナスエネルギーを浄化するのに適していて、気持ちが落ち込んでいる時に身に着けると良いと思います。

ゆっくりと精神を開放して、心の底からこの石の持つパワーストーンの効果を信じる事で、今、あなたが最も必要とする教えに気付く事になります。

 

 

【効果的な使い方】:原石・ネックレス・ブレスレット・ペンダント

 

パワーストーンのダンビュライトの「コレが凄い!」効果

心に強い輝きと自信を与える

高い波動を持つ

強力な浄化作用

瞑想時に最適な効果

高次元からの情報の受信

過去の辛いトラウマの解消

心の中のマイナスエネルギーの浄化作用

純粋な波動で能力や意識を高める

負の連鎖の解消

あらゆるチャクラに作用して覚醒を促す

 

■ 関連記事

天然石 ダンビュライトの意味やブレスレットのパワーストーン効果とは

 

スポンサーリンク

 

パワーストーンのダンビュライトと相性の良い効果を高める宝石とは

プレナイト + ダンビュライト

プレナイトは、精神を浄化してリラックスに導く宝石で、葡萄(ぶどう)のようなフルーティーな色合いが特徴です。

穏やかな波動を持ち、リラクゼーションをもたらすパワーストーン効果が強く、心身を身軽にしてくれるパワーストーンと言われています。

ダンビュライトとの相性では、自分にとって不必要なものを手放すように出来て、精神的に苦痛な人間関係から解放されて気持ちが爽快になれます。

 

■ 関連記事

パワーストーンでプレナイトの効果は、リラックスになる天然石

 

ブルーレースアゲート + ダンビュライト

ブルーレースアゲートは、アゲート(瑪瑙:めのう)の仲間で穏やかな波動が特徴のパワーストーンです。

友愛の石」としても有名で、友情に恵まれるパワーストーン効果があり、友情を育む優しさとコミュニケーション能力を高める効果もあります。

現在は原石の産出が減少していて、市場の流通量はとても少ないですが、依然とパワーストーンとしての人気が高いです。

ダンビュライトとの相性では、多忙で疲れている人には心身を癒す効果が高まり、ゆっくりと気持ちを落ち着かせる時間的な余裕を与えてくれます。

 

■ 関連記事

ブルーレースアゲートの意味や相性の良い宝石のパワーストーン効果とは

パワーストーンのブルーレースアゲートと相性の良い組み合わせは?

天然石のブルーレースアゲートの意味やカメオとの深い関係とは

 

モルダバイト + ダンビュライト

ヨーロッパではモルダバイトを恋人や婚約者に贈ると言う習慣があるそうです。

円満な夫婦関係を築く、夫婦円満の宝石として人気があり、その一方では、宇宙との調和の意味合いを持ち、とても神秘的な宇宙を起源とする「天然ガラス」です。

ダンビュライトとの相性では、高次元の高い霊性で、宇宙的な叡智を授かり、あらゆるチャクラに作用して覚醒を促すパワーストーン効果が強く作用します。

 

■ 関連記事

モルダバイトの原石の意味や相性の良い石とパワーストーン効果とは

天然石 モルダバイトの意味や愛の証と夫婦円満のパワー効果とは

 

スポンサーリンク

 

ダンビュライトの意味や特徴

ダンビュライトの宝石の意味や特徴と名前の由来とは

結晶の先端はマイナスドライバー状に平たくなっているのが特徴で、11月誕生石の「トパーズ」とよく似た柱状結晶の「ケイ酸塩鉱物」です。

ダンブライト」とも呼ばれている宝石で、劈開性(へきかいせい)はなく、熱や酸で溶解する性質で識別されています。

高い透明度と美しい輝きを持ち合わせた結晶が特徴で、水晶と比較すると分散率がわずかに高く、水晶以上の綺麗なきらめきを放ちます。

このような美しい輝きがある事から、以前は4月誕生石のダイアモンドの代用品として用いられていたそうです。

ダンビュライトは「水晶」と同じ硬度を持ち、色は透明な他に、白色、黄色、ピンク色などのバリエーションがあります。

原石のまま流通しているものも多く、特に透明度の高いものはまぶしいほどの光を反射させるのも特徴の一つになります。

良質な結晶をカットした場合には、優れた光の屈折力でジュエリークラスとしても宝石の魅力が高まりますが、大粒な原石が少ないのです。

カット加工できるような大きな結晶は少なく希少で、産出量もそれほど多くありませんからとても貴重な宝石の一つかも知れません。

ダンビュライトの名前の語源は、1839年にアメリカ合衆国、コネチカット州のダンベリー(Danbury)で発見された事に由来しています。

 

■ 関連情報

クリスタルとクォーツの違いですがどちらが本物の水晶の呼び名なの?

【宝石種類】宝石 クリスタル(水晶)は、医師もすすめるパワー効果

 

ダンビュライトの豆知識

宝石のダンビュライトは、その強い輝きと美しい透明感から、かっては「4月誕生石のダイアモンド」の代用品として利用されていたと言います。

かって採掘されていた場所はダンベリー市の下に現在は埋まってしまっています。

現在市場に流通している美しい無色の高品質のダンビュライトの多くは「メキシコ産」のものです。

 

【取り扱いの注意】①長時間の直射日光を避ける。②硬度は高いですがとても割れやすい。

 

ダンビュライトの鉱物学データーと宝石言葉は?

英名:Danburite

和名:ダンブリ石(だんぶりいし)

主な産地:アメリカ合衆国・メキシコ・ミャンマーなど

結晶系:斜方晶系

硬度:7.0~7.5

比重:2.97~3.03

成分:CaB2Si2O8

色 :無色、白色、ピンク色、黄色など

処理:特になし

 

宝石言葉:「浄化」・「独創性」・「光輝」・「高い霊性」・「高次」

 

スポンサーリンク