パイライトのパワーストーンでの意味や効果をご存知でしょうか?

天然石として産出されるパイライトには、「邪気払い」に、強力なパワーストーン効果があります。

「勝負ごとに勝ちたい!」とか「金運を高めたい!」などに金運の効果が良いとか。

また、パイライトと組み合わせると金運に優れたパワーストーン効果を高める相性石とは。

 

スポンサーリンク
 

パイライトのパワーストーンの意味と効果

気になる、パイライトのパワーストーンの意味と効果

パイライトは、数多くあるパワーストーンの中でも非常に強い「邪気払い」の天然石です。

霊的なパワーストーン効果が強いというよりは、どちらかと言うと外部からの人の悪意やネガティブなエネルギーから持ち主を守ります。

インカ帝国ではパイライトを鏡のように磨いて、呪術や「天界との交信を繋ぐ」予言を得る儀式に用いたと言われています。

ネガティブな波動や、外からの邪気やマイナスエネルギーを跳ね返す強い力があり、直面する問題や危険などから持ち主を保護します。

特に石の形は立方体と特徴的ですから、知識などを蓄積する能力が高まり、知性と本能などの感性も増して、勝負時に勝ちたい時に効果を発揮させます。

パイライトのパワーストーン効果は「金運」「勝負運」に最適ですが、その他にも多くの選択肢がある場合には、冷静な判断力で危険な道を回避させ、より良い方向への選択肢を授けます。

勝負事などで迷った場合や、確信の持てない場面では強い気持ちで勝利を獲得できるように精神力を高めます。

邪気を払うなどの優れた保護力を持ち合わせたパワーストーンですから、危険や妨害などを払いのけ、邪魔される事なく勝負に挑む事ができるでしょう。

また、アメリカンインディアンの間でも、古くから天界との交信を活性化するパワーストーンとして信じられています。

高次元とのパイプ役となり、一種のインスピレーションを高め、予知能力を与えるツールとして大切に扱われてきました。

 

 
【効果的な使い方】:丸玉・原石・ブレスレット

 

パイライトのパワーストーン効果

金運の予知能力を高める

勝負事での危険回避

純粋さや無垢である事のシンボル

マイナスの感情の除去

浄化と鎮静

純真無垢な気持ちと心

素直さを忘れない生き方を見つめ直す

勝負運が強まり、金運が増える自信が高まる

不安を無くして前向きに進む

無限の可能性と真の喜びを引き出す

 
宝石言葉:「邪気払い」・「危険回避」・「金運」

 

■ 関連情報

パワーストーンのパイライトの意味や勝負で勝ちたい時の効果とは?

天然石 パイライトの意味と金運や勝負運のパワーストーン効果

 

スポンサーリンク
 

 

パイライトの天然石の意味

パイライトの天然石の意味や特徴とは

天然石のパイライトは、火山活動の活発な場所で形成され、結晶は人工的に作られたと思う程に整っているのが特徴です。

パイライト(Pyrite)の和名「黄鉄鉱(おうてっこう)」と言い、「硫黄」「鉄」が結合して出来た硫化鉱物の一種になります。

一見、黄金と見間違える程の美しい金色の鉱物で、硫黄が豊富で火山活動の活発な所で多く産出され、日本にも岩手県の「仙人鉱山」や、各地にも産地があります。

パイライトの結晶の形は機械で人工的にカットされたような美しい立方体、正六面体、正十二面体、八面体などの独特な形が特徴です。

採掘して金と間違えた人もいて、そのため、「フールズゴールド(Fool’s Gold)」で、「愚者の黄金」「バカ者の金」「猫の金」とも呼ばれる事があります。
 

パイライトの名前の由来や気になる情報

名前の「パイ」はギリシャ語で「火」と言う意味で、叩くと火花が散るために、古代から「火打石」として使われてきました。

ラテン語で「pyrites(火打石)」、そこから英語で「パイライト(pyrite)」と言う名前が付いたそうです。

パイライトは、ジュエリーで楽しむ事は勿論ですが、完璧とも思える原石の結晶状態が楽しめると人気があります。

18世紀頃には「マルカジット」と呼ばれる、ダイアモンドの代用品ジュエリーとして、とても人気がありました。

20世紀初期にもっとも人気が高くて、ロンドンを中心に爆発的に広がったと言います。

マルカジェットは、別名では「マーカサイト」とも呼ばれ、鉱物学的には「黄鉄鉱(おうてっこう)」になります。

黄鉄鉱石を六面体にカットしたもので、18世紀頃にダイアモンドの代用品として使われ始められました。

また、「同質異像」のマイカサイト(白鉄鉱)は同じ鉱物と考えられていましたが、その後、鉱物学者により違う種類だと分かりました。

 

【取り扱いの注意】:酸化により変色したり、湿気や水にとても弱いのが特徴
 

スポンサーリンク
 

 

パイライトのパワーストーン効果を高める相性の良い宝石

アベンチュリン+パイライト

アベンチュリンは、「繁栄の石」とも言われる、別名「インド翡翠(ひすい)」と呼ばれています。

インドが原産で色も緑色が多いので翡翠の代用品として使われた事からインド翡翠と呼ばれる場合もありますが、5月誕生石の翡翠ではありません。

「トラブルを解消して、円満な家庭にする石」として、家庭関係を円滑にして、幸福と繁栄を呼び込むパワーストーンです。

パイライトとは、自分にとって不利な状態を覆(くつがえ)して、優位な立場に導いてくれる協力的な相性石になります。

 

■ 関連記事

宝石種類でアベンチュリンの医師も驚くパワーストーン効果とは

パワーストーンのアベンチュリンで組み合わせの相性で良い石とは

天然石 アベンチュリンの意味や幸運を呼び込むパワーストーン効果

天然石 アベンチュリンの意味や幸運や繁栄のパワーストーン効果

 

ルチルクォーツ+パイライト

ルチルクォーツも「金運」「財運」を高める効果のあるパワーストーンとして、世界中で高い人気を誇ります。

パワーストーンの愛好家には、「金運を呼ぶ石」としてブレスレットが男女ともに人気があります。

ルチルクォーツの特徴は、水晶の中に金色の針のような鉱物が含まれているきらびやかな天然石です。

パイライトとの相性では、インスピレーションを高め、物事に対しての迷いや不安を無くし、最善の選択へと促すパワーストーン効果が高まります。

 
■ 関連記事

パワーストーンのルチルクォーツは金運や幸運を引き寄せる効果

天然石 ルチルクォーツの意味や金運や財運や仕事運のパワー効果

宝石種類でルチルクォーツは幸運や金運や財運のパワーストーン

天然石 シルバールチルクォーツの意味や金運や財運の凄い効果

 

サファイア+パイライト

宝石のサファイアは、9月誕生石としてもとても人気もあり、「才能を発揮したい!」時の強力なパワーストーンです。

実は、サファイアはとてもカラーバリエーションが豊富な宝石で、7月誕生石の「ルビー」と「姉妹石」なんです。

パイライトとの相性では、知性を高めて色々なシチュエーションでも冷静な判断をもたらします。

恋愛、仕事、人間関係などのストレスを抱え込んで悩んでいる場合には、体調の不調がある場合には、心身を元気になる様に整えてくれます。

 

■ 関連記事

宝石 ルビーとサファイアは姉妹石なのに「赤色」と「青色」の理由とは

サファイアの仕事の願い事は「才能を発揮したい」時のパワーストーン

サファイアの色は青色だけではない豊富な色の宝石の不思議な世界

断捨離して青色の宝石を見つけましたがサファイアか調べる方法とは

 

スポンサーリンク