12月誕生石のタンザナイトの宝石の意味や、パワーストーン効果はご存知ですか?

宝石としては歴史は新しいのですが、見る人を魅了する美しい輝きは人気の高級宝石です。

光の当たり具合や角度により微妙に色変わりする多色性を持つパワーストーンになります。

また、神秘的なタンザナイトと相性の良い宝石のパワーストーン効果も気になりませんか。

 

スポンサーリンク
 

宝石のタンザナイトが12月誕生石になった理由とは?

宝石のタンザナイトは、なぜ12月の誕生石になったのですか?

タンザナイトは、まだ歴史が浅い宝石の種類になります。

一般的に12月誕生石として知られている宝石は、「ターコイズ・(トルコ石)」と「ラピスラズリ」ではないでしょうか。

誕生石は、1年のそれぞれの月に「守護石」を当てはめたもので、災いから身を守り、幸運を運ぶ力があると考えられていました。

そもそも誕生石という概念は、18世紀にユダヤ人が愛の誓いの婚約指輪として女性に誕生石を贈るという風習から広まったと言われています。

現在のように明確に誕生石を国ごとでリスト化されたのは20世紀に入ってからです。

1912年にアメリカで提案されて、それが各国に広まり、その国の独特の考え方や人々の宝石の好みなどが加わって定着したと思われます。

それぞれの月に由来する誕生石には、多くのパワーストーンがある中でも不思議と他の宝石には無い愛着が感じられると思います。

それは自分の生まれ月による誕生石には、「自分を守ってくれる守護石」として、信じる事でお願い事が叶うと思わせるパワーを持ち合わせている事だけは事実です。

タンザナイトが12月誕生石になったのは、産出量が減少して、あっという間に希少価値が高まり、人気が急上昇したのが原因と言われます。

2002年に12月の誕生石にタンザナイトが加わりましたが、これは1912年に現在の宝石リストが決まってから初めての事です。

宝石のタンザナイトは、なぜ12月の誕生石になった理由?」は、新しく人気が出た宝石を市場に広めるために宝石業界が「青系の宝石」に加えたのだと思います。

現在、タンザナイトは産出量も少なく、産地も限られていますので、大変希少で神秘的な高級宝石として知られ人気も高まっています。

 

■ 関連記事

青色の宝石はサファイアですが和名や他の宝石種類はありますか?

 

タンザナイトの宝石の意味と特徴

タンザナイトの宝石の意味や特徴とは

タンザナイト(Tanzanaite)は、見る角度で青色や紫色に色が変わり変化する「多色性の宝石」です。

1967年にアフリカのタンザニア北部、メラニア鉱山で発見された比較的に新しい宝石の種類になります。

正式名称は「ブルーゾイサイト(bluezoisite)」ですが、アメリカの宝石店ティファニーが、原産地の名前にちなんでタンザナイトと名付けました。

ゾイサイトでありながら、美しい青色で透明感を持ち合わせた変種が発見され、ティファニー社により命名された高級宝石です。

とても高価な宝石で、当たる光の種類や照射角度により微妙な色変わりする多色性を持ち、そこが9月誕生石の「サファイア」と微妙に違うところかも知れません。

タンザナイトは、白熱球の下では紫色になり、蛍光灯の下では青色に美しく見えるのも特徴で、ティファニー社がいち早く宝石と認めた美しさがあります。

 

■ 関連記事

宝石タンザナイトの意味と宝石店のティファニーとの深い関係

ティファニーと宝石で人気石のタンザナイトとの不思議な関係とは

 

タンザナイト(ゾイサイト)の種類

ゾイサイト」は、エピトードグループの一種になります。

タンザナイト:パナジュウム等を含むバイオレットブルーが特徴の宝石。

チューライト:「チューライト」は、マンガンを含むピンクが特徴です。

ルビーインゾイサイト:「ルビーインゾイサイト」は、7月誕生石のルビーと共存しています。

アニョライト:グリーンが特徴のゾイサイトの仲間です。

 

【取り扱いの注意】:衝撃に弱く、一定方向に割れやすい。

 

タンザナイトの宝石の「名前の由来」や「物語」と「宝石言葉」

名前の由来は、「タンザナイトの宝石の意味と特徴」で書きましたが、アメリカの宝石店ティファニーにより命名されました。

ティファニーとタンザナイトの名前の関係はどうして付いたかは理由があります。

それは、鉱物名の「ゾイサイト」が、「自殺」を意味する言葉の「スーサイド(suicide)」と発音が似ているのです。

そこで、広告のイメージを高めるために、原産地のタンザニアにちなんで「タンザナイト」と名付けされています。

 

宝石言葉:「冷静」・「安定」・「行動力」・「判断力」・「転機」

 

 

タンザナイトの気になるパワーストーン効果と意味

タンザナイトのパワーストーン効果と意味は?

タンザナイトは高い周波数や不思議なエネルギーを持つとされ、美しいパープルブルーは精神の安定に働きかけます。

さらには、「守護霊」や「守護天使」の存在を感じ取れる程の強い霊的なエネルギーを放出するパワーを持ち合わせているパワーストーンです。

身に着ける人の魂を綺麗に浄化するだけではなく、自分の進むべき目標に迷う事がないように方向性を示してくれるでしょう。

人生は決して順風満帆ではなく、もし、重要な決断が必要な時や困難な状況に陥った時には、速やかに問題解決できる知恵が湧いてきます。

宝石のタンザナイトのインスピレーションを高める効果は強く、人生を確かな方向へと導く頼もしいパワーストーン効果もあります。

人生の転機や重要な決断を迫られている時には、力強い味方となり身に着ける人を成功へと導いてくれるでしょう。

 

【効果的な使い方】:ブレスレット・リング・ペンダント・原石

 

■ 関連記事

【宝石種類】宝石 タンザナイトは医師もすすめるパワーストーン

断捨離した12月誕生石 タンザナイトの買取・換金処分の活用法

 

スポンサーリンク

 

タンザナイトの「ココが凄い!」パワーストーンの効果

人生の転機を強力にサポート

目的達成に導く

精神を安定させる

周囲との協調性と柔軟性を育む

人生の進むべき方向性を明確に提示

インスピレーションが高まる

ストレスの回復と癒し効果

人生を成功に導く

スムーズな人間関係を築く

冷静な思考と決断力が高まる

 

スポンサーリンク
 

 

タンザナイトと相性の良いパワーストーン効果を高める宝石の種類

ガーネット+タンザナイト

ガーネットは、1月誕生石としても人気があり、生命力を高める効果や、愛と情熱の宝石として有名です。

また、「情熱を呼び覚まして、愛を再燃させる石」として知られていますから、恋人や夫婦間で「マンネリを解消したい!」と願う人には、特に効果が高まります。

タンザナイトとの相性では、人生の大きな局面を迎える時には良い方向へと導いくパワーストーン効果があります。

進学や就職のお守りや、変わらぬ愛を誓う石としも効果が強いのでおススメします。

 

■ 関連記事

【恋愛 願い事】ガーネットは恋愛で、マンネリ解消のパワーストーン

宝石1月誕生石のガーネットの種類と見分け方や「生前整理」の仕方とは

断捨離する前の宝石 ガーネットの意味や買取・換金処分の方法とは

 

ターコイズ(トルコ石)+タンザナイト

宝石のターコイズは、タンザナイトと同じ12月誕生石ですが、「トルコ石」の方が馴染みがあるかも知れません。

古くからトルコ石には、「危険から身を守る」・「旅の安全の守り石」としても最強のパワーストーン効果があります。

また、冒険心や自由な発想やヒントをもたらすパワーストーンですから、クリエイティブな才能を発揮したい時に最適です。

タンザナイトとの相性では、インスピレーション能力、冒険心、表現力、発想力などがとても高まります。

 

■ 関連記事

パワーストーン ターコイズと相性の良い組み合わせの天然石とは

宝石 12月誕生石のトルコ石の意味と産地はトルコが嘘だという話

断捨離して見つけたトルコ石の上手な買取や売却テクニックとは

 

ダイアモンド+タンザナイト

宝石の王様と呼ぶにふさわしいダイアモンドは、「ダイモンド」や「ダイモンド」と呼びます。

」と「」の違いですが、あなたは、どのように呼んでいますか?

 

「ダイヤモンド」と「ダイアモンド」どちらの呼び方が正解なの?

 

私はこのサイトでは「ダイアモンド」として書いています。

ダイアモンドは、地球上の鉱物の中でも最も硬く、硬度は最高位の10で、しかも強力なエネルギーを持つパワーストーンです。

タンザナイトとの相性では、人生そのものを勝利に導き、何者にも屈しない強い意思が高まり、自分の信念を貫くことが出来るでしょう。

 

■ 関連記事

恋愛の願い事のでダイアモンドは誠実な関係を築くパワーストーン

宝石 ダイアモンドが輝かないのはカットが悪いからで、その理由とは

宝石 ダイアモンドの「4C」の意味や賢い購入方法の決め手とは

 

スポンサーリンク