天然石の「ぺリステライト」ですが、この石の名前や意味は聞いたことがあるでしょうか?

では、6月誕生石のブルームーンストーンはご存知ではないですか?

実は、ぺリステライトとブルームーンストーンはとても関係が深い意味があります。

また、ぺリステライトと組み合わせる事で、パワーストーン効果が高まる相性の良い宝石とは?

 

スポンサーリンク
 

ぺリステライトの天然石の意味や特徴

ぺリステライトの意味や特徴と名前の由来とは

天然石のぺリステライト(Peristerite)は、長石の一種の鉱物で「アルバイト(曹長石)」の変種になります。

見た目からも6月誕生石の「ムーンストーン」と混同される場合も多いですが、市場では「ブルームーンストーン」の宝石名で流通している宝石です。

ムーンストーンやラブラドライトに見られる特徴の「イリデッセンス」が見られ、イリデッセンスとは、二層のラメラ構造を生み出す光の現象の事になります。

ぺリステライトは鉱物的にはムーンストーンと同じ「フェルドスパー(長石の種類)」ですが、成分が異なりますから区分しています。

以前はムーンストーンと同じ「オーソクレース(正長石)」で、青いシラー効果(石の表面下で金属的な虹色の変色効果が現れる現象)が見られる宝石がありました。

これを「ブルームーンストーン」として市場で流通していましたが、近年では採掘している鉱山が閉山していて、今は市場に出る事はありません。

これも、ぺリステライトとブルームーンストーンの名称が混在してしまう原因と言えるかもしれませんね。

石の特徴でもある、青白く浮かぶ「イリデッセンス効果」の要因は、「アルバイト(曹長石)」と「オリゴクレース(灰層長石)」が関係しています。

この二つの鉱物が高温状態で混ざり合い、冷やされて二層が分離して、重なるラメラ構造が生む「ペリステリズム」によるものです。

 

ぺリステライトの名前の由来と、取り扱い

ぺリステライトの見た目が恋愛のパワーストーン効果があるムーンストーンと良く似ていているので、ブルームーンストーンと呼ばれます。

現在、宝石としてブルームーンストーンの名前で流通しているブルームーンストーンのほとんどがこの鉱物(ぺリステライト)になります。

ほぼ透明な地色に青色のシラーが美しく浮かぶ魅力的な宝石を「王室のブルームーンストーン」と言い、別名「ロイヤルブルームーンストーン」と表現します。

ぺリステライトの宝石の名前は、ギリシャ語の「鳩(Peristera)」に由来しています。

この石の持つ特徴の「遊色効果(石の中に七色の光がキラキラと輝く状態)」が、鳩の首回りが光の反射によって異なる色のように輝くことから、その様子に例えられて付いたそうです。

もともとは、まれにスリランカのミーティヤゴダ鉱山で産出されていた淡い青色に輝くムーンストーンを、ブルームーンストーンと呼んでいました。

 

【取り扱いの注意】:一定方向に割れる性質

 

ぺリステライトの鉱物学データーと、宝石言葉は?

英名:Peristerite

和名:曹長石(そうちょうせき)

主な産地:タンザニア・スリランカ・インドなど

結晶系:三斜晶系

硬度:6.0~6.5

比重:2.62~2.63

成分:(Na,Ca)AlSi3O8

色 :透明・白色・乳白色

処理:一部含侵処理

 

宝石言葉:「恋愛」・「神秘の力」・「家族愛」・「生命力」

 

スポンサーリンク

 

ぺリステライトの気になるパワーストーン効果

ぺリステライトのパワーストーン効果とは?

ぺリステライトの高貴なブルーの輝きは、恋愛中の二人が南国の青い海を見ながら散歩しているような、思わず見惚れてしまうほど美しい宝石です。

この美しい輝きは「ぺリステライト」との特徴である「ペリステリズム効果」によるもので、鳩の喉元の羽に見られる様子から見受けられます。

この鳩の喉元の羽は美しい青紫色の閃光に似ている事から、別名を「ピジョンストーン」とも呼ばれます。

ぺリステライトは、恋愛に最適なパワストーンとして「永遠に変わらない愛」や、「内側から輝く美しさと若々しさを象徴」すると言います。

恋愛では、恋する二人が充実した未来を誓い合う幸せに満ちた穏やかな時間をもたらすパワーストーン効果が強まります。

優しく浮かび上がる美しい光で心の奥深くまで照らし、温かく深い癒しを与えてくれるので、慈しみと相手を思いやる感情が育ちます。

恋愛が進行中の人は、今ある自分のすべてを受け入れ、素直な気持ちで相手の事を愛せるようになるでしょう。

恋愛が成功するパワストーンはこちらから

 

【効果的な使い方】:ブレスレット・ペンダント・リング

 

スポンサーリンク

 

ぺリステライトの「ココが凄い!」パワーストーン効果

恋愛の予感

女性性や女性としての魅力を高める

永遠の愛の象徴

恋愛成就のお守り

感受性を高める

未来の予知能力

新しい風を呼び込む愛の守護神

心身のバランスを整える

永遠に変わる事のない恋愛の感情と愛情

慈悲と思いやりの感情

 

■ 関連記事(6月誕生石ムーンストーン)

ムーンストーンのパワーストーンの意味は女性の不調の改善です!

6月誕生石 パワーストーンのムーンストーンは医師もすすめる宝石

 

 

ぺリステライトと相性の良い効果を高める天然石や宝石の種類

ラブラドライト + ぺリステライト

天然石のラブラドライトのパワーストーン効果は、「宇宙とつながり、インスピレーションを受け取る効果」が高まります。

魅力的な輝きは、石の表面の光の当たり方や角度により、ピンク色や青色、黄色などのさまざまな色彩の輝きを放つのが特徴です。

月や太陽を象徴する宝石とも言われ、組み合わせる事で、内面に眠っていた潜在能力を引き出し、創造力を高めるパワーストーン効果が強まります。

ラブラドライトと、恋愛のお守りのぺリステライトとの相性では、体内に関するオーラを修復して、大きな安心感に包まれるので癒される効果が高まります。

 

■ 関連記事

ラブラドライトの名前の由来やラブラドールレトリーバーとの関係とは

ラブラドライトの効果はパワーストーンで再会の意味は本当なの?

ラブラドライトはパワーストーン効果が凄いと人気の天然石

 

ムーンストーン + ぺリステライト

6月誕生石のムーンストーンは、女性性と母性に深く関わる宝石で、月のバイオリズムに同調して、女性の体調のリズムに同調します。

これは、月の満ち欠けのリズムが刻み込まれたパワーストーン効果からで、古代から聖なる石と崇められて、「女性特有の不調を和らげる」と言われています。

ぺリステライトの相性では、月のバイオリズムだけではなく自然のリズムとも同調して、肉体と精神の協調性を生みだして、感情を整えます。

恋愛では、女性特有の気分の浮き沈みや不安感、イライラなどを鎮めてくれるでしょう。

 

■ 関連記事

ムーンストーンの意味と恋愛に強力なパワーストーン効果で相性石とは

宝石 ムーンストーンの意味や 幸運予知のパワーストーン効果とは

断捨離した宝石 ムーンストーンの買取・換金処分でのワンポイント!

 

ローズクォーツ + ぺリステライト

恋愛では、愛の代表格と言われる宝石が、ローズクォーツではないでしょうか。

愛を呼び寄せたい!」とお願いする時に効果的なパワーストーン効果があり、心を開き、老若男女を問わずに愛を引き寄せるパワーがあります。

誰に対しても心を開く優しい波動を持つ石で、女性らしさや慈愛の心を育み、相手との関係をとても良好にします。

ぺリステライトとの相性では、愛情運をさらに高めて、新しい恋の出会いを引き寄せるので、恋愛したい人にオススメします。

 

■ 関連記事

宝石種類でローズクォーツの意味や恋愛のパワーストーンの効果

ローズクォーツの誕生石の意味や相性の良いパワーストーンとは

星座で天秤座の守護石 ローズクォーツの意味やパワーストーン効果とは

 

スポンサーリンク