ダイアモンドの1カラットのネックレスは女性の憧れの大きさです。

身に着けると大粒で迫力があり、目立ちます。

最近、ネットショッピングで10万代で購入できるダイヤモンドネックレスもたくさんあります。

しかし、ダイアモンドの価値は「4C」で大きく違ってきます。

ただ大きくてボリュームだけを考えて品質を無視すると輝かないダイアモンドとなります。

今回、高島屋のネットショッピングでの、1カラットダイヤモンドネックレスをお安いのか検証してみました。

 

スポンサーリンク
 

 

「高島屋」で販売されていた1カラットダイヤモンドネックレスとは

今回、気になりました高島屋1カラットダイヤモンドネックレスは「価格149,040円(税込)」です。

現在は本当に便利な時代で、ご家庭にいながら色々なお店のサイトからご自分の欲しい商品や価格を検索できます。

私も仕事柄、他店さんの商品を価格、品質、それらを市場調査していますから気になる商品をこうして紹介します。

少し、本題と外れますが気になる投稿がありましたから、注意のために書いてみました。

ネットショッピングで宝石を購入する時には注意も必要で、YAHOO知恵袋などでは、色々な相談が寄せられています。

詳しい内容は書きませんが、ネットショッピングで宝石類を購入してからの悩みや返品相談も多いです。

先日の投稿で若い奥さんがYAHOOオークションで1カラットのダイヤモンドネックレスを15万円で落札購入しました。

届いた品物は、説明文にあるような綺麗なものではなく、ダイヤが欠けていてキャンセルにも応じてくれない・・とのご相談でした。

文面を読んでいて可哀想な気持ちもしますが逆に相手を信用しすぎで、まして素人さんが宝石のオークションに手を出すべきではありません。

オークションに出品している人がすべて悪い人でもないですが、中には悪質な出品者がいるのも事実です。

「高島屋」とか、「楽天市場」「Amazon」などのショップ経営者は今後のことを考えればお客様の苦情が一番怖いから信用第一です。

出品停止になれば今後の売り上げがなくなりますから、そう変なことはしませんし、価格に見合わない粗悪品も販売しません。

その点、オークションは個人売買ですから商品説明は何とでも書くことも可能で、購入者を騙すような内容もあります。

ネットオークションでは、出品した品を売るのを目的にしていますから、出品停止も怖くないのです。

高島屋1カラットダイヤモンドネックレスの説明文

高島屋1カラットダイヤモンドネックレスの本題に戻ります。

説明文には、「1点留めのシンプルなデザインの大粒1カラットダイヤモンドペンダント」と記載されています。

ダイヤモンドペンダントのトップとチェーンにはプラチナを使用。

チェーンは肌触りのすべらかなベネチアンチェーン、スライド式のアジャスター付きで長さの調節が可能です。

ダイヤモンドは58面体ブリリアントカット。

鑑別書と保証書をお付けし、高島屋のロゴ入りケースに入れてお届けいたします。

 

高島屋ダイヤモンドネックレス鑑別書の詳細

1カラットダイヤモンドネックレスの鑑別書にはこのような記載があります。

カラー(色):無色、透明、金剛光沢

カッティングスタイル:ラウンドブリリアントカット

重量:1cts.の刻印アリ

サイズ:6.44X6.46X不可mm

屈折率:1.79以上

偏光性:単屈折性

多色性:なし

比重:セット石のため測定不明

蛍光性:認む

分光特性:余白

拡大検査:ダイヤモンドの特徴を認む

その他の検査:余白

鑑定機関:貴宝科学協会

商品の詳細

サイズ:ダイヤペンダント:トップサイズ約6×10mm(バチカン含む)、チェーンの長さ約45㎝

素材:ダイヤペンダント:トップ プラチナ900 チェーン プラチナ850

原産国:日本製

仕様:ダイヤペンダント:スライドアジャスター付き 止め金:引き輪式、高島屋ロゴ入りケース・鑑別書付

備考:ダイヤIクラス ダイヤ特有の内包物や小さなキズが多少ございますが、輝きのよいものを選んでいます。

この1カラットダイヤモンドネックレスには「チェーンの長さ約45㎝」のスライドネックレスが付いています。

45センチあれば、セーターの上からも出来きて重宝する長さで、肌に着ける場合でも襟ぐりの微妙な調節も可能です。

ただ、注意点はスライドの金具は首の後ろですが、金具が重くて前側に下がる場合もありますので、こまめな点検も要ります。

後記まとめで、こちらの1カラットダイヤモンドネックレスの商品が高いか安いかを検証してみたいと思います。

私は、決して高島屋さんの回し者ではなく、プロの視点からと第三者として公正に判断してみたいと思います。

詳しい高島屋1カラットダイヤモンドペンダントの情報は下記からご覧いただけます!

高島屋オンラインストア

スポンサーリンク
 

 

ダイアモンドの「4C」簡単な見分け方

ダイアモンドの良し悪しを簡単に見分けるには「鑑定書」にどの位置にあるかを見るとすぐに分かります。

ダイアモンドの基準は「4C」で分けられますから、他の宝石類(カラーストーン)から見ますと価格が出しやすい利点があります。

カラー(Color:色)

無色透明といっても、ダイアモンドの多くはほんの少し色味を帯びています。

完全な無色透明なものはほとんどないといっても過言でありません。

色の最高級は、アルファベットの「」カラーで、おススメの良い色は「D・E・F」良い「G」ボーダーラインは「H」です。

それ以下になりますと、わずかに黄色味を帯び「I・J」、少し黄味を帯びるのが「K~Z」です。

カラット(Carat:重さ)

宝石は重さの単位で測り、大きさではありません。

カラットは石の重さの単位で、1カラットは0.2グラムです。

今回の1カラットのダイアモンドは0.2グラム、ラウンド・ブリリアントカットですから上から見て、直径6.5mm位の大きさです。

クラリティ(Clarity:内包物の状態)

ダイアモンドの内包物の状態を示す基準です。

ダイアモンドに限らず透明な宝石は、インクルージョン(内包物)がありますと、輝きに影響します。

特にダイアモンドの場合は、内包物が多いと上から入った光が綺麗に反射できなく、きらめきが損なわれます。

内包物の有るか無いかや、大きさは評価の良し悪しにつながり価格にも影響を与える要因です。

希少(FL・IF) おススメ(VVS1・VVS2・VS1・VS2) セカンド候補(SI1・SI2) 薦めません(I1・I2・I3)

カット(Cut:プロボーション)

カラット、カラー、クラリティ(内包物の状態)の状態は、自然の状態での評価です。

この3つの評価が高ければ「生まれつきレベルの高い」優秀なダイアモンドになります。

唯一、カットだけは、ダイアモンドに技術者が「輝き」の命を吹き込むために研磨をして人間が作り上げた技術です。

おススメ(Excellent) 良い(Very Good) セカンド候補 (Good) 薦めません(Fair・Poor)

 

「高島屋」1カラットダイヤモンドネックレスのまとめ

ネットショッピングの、高島屋で販売されている1カラットダイヤモンドネックレスを評価してみます。

私は、必ず出品されている販売者を見で、宝石業界での年月も確認します。

こちらは、老舗デパートが運営している高島屋公式オンラインストアで販売されている商品です。

いうまでもなく、高島屋(株式会社 高島屋)は、大阪府大阪市中央区難波に本社を置く老舗百貨店です。

「高島屋」という看板は重く、信用と信頼を重視していますから、変な商売はしていません。

今回は『ネットショッピング「高島屋」ダイヤモンドペンダントネックレス1カラットで14万円の評価』です。

お金で14万円は価値がありますが、ダイアモンドの14万円(ネックレス・加工代含む)は正直なところ資産価値はありません。

買取でもダイアモンドの評価額は殆ど査定金額でも低く、枠のPt900とネックレスPt850の重さを加算します。

ダイアモンドは前文でも書きましたが、ダイアモンド4Cで評価して、相場の金額が算定できます。

この商品は「鑑別書」しかついていなく、4Cの内、カラット(1カラット)と、説明文の中のクラリティ(I1)しか分かりません。

例えですが、ダイアモンドの最高品質「D-FL-3EX」を透明な氷に例えれば、こちらの商品は「I1」ですから氷砂糖です。

資産や財産にはなりませんが、最初から品質は気にせずに大きな1カラットのダイアモンドを着けたい人には魅力的な大きさです。

購入時には、1カラットのダイアモンドは天然石のため、二つとして同じものが存在しませんから、当たり外れがあるかもしれないです。

商品代金の「価格149,040円(税込)」の中から、消費税(11,040円)を差し引くと正味商品価格は「138,000円」です。

ここから、Pt850のスライドネックレス代金、ダイアモンド留めるための枠(Pt900)及び加工代、高島屋の利益。

このことから、ダイアモンドの価格はおおよそ想像できますので、輝きを重視すれば、内包物が多いのは致し方ないと思います。

結論は、輝きを考えずに「アクセサリー」として楽しむ商品です。

ちなみに、高島屋オンラインストアで品質の良いダイヤモンドネックレスは「2,980,000円(税込)」で販売されています。

クラスは、IF(インターナリフローレンス:完全無疵)Dカラー 3エクセレントで、最高級のランクです。

 

スポンサーリンク