磁気ネックレスや磁気ブレスレットを着けている人が多いです。

最近は、パソコンや、スマホの使用で肩こりや首こりの人も見かけます。

磁気ネックレスは、本当に肩こりや首こりの改善や効果があるのでしょうか。

また、長期間着けていると副作用などが気になります。

そこで、磁気ネックレスの効果で、肩こりや首こりの改善はどうなのか書いてみました。

 

スポンサーリンク
 

磁気ネックレスの効果と効用

磁気ネックレスの効果はどういう意味なの?

パソコンや、スマホを使用する現代人には眼の疲れや「肩こり」、「首こり」の人が多いと言います。

私もその一人で、磁気ネックレスが肩こりや、首こりの改善に良いと言いますからネックレスを購入するつもりです。

実際、お店でも販売をしていて、私は画像のようなセラミックに磁気を埋め込んだブレスレットを現在使用していますが、それでも肩こりが最近辛いです。

そこで、今度は磁気ネックレスも着けて見ようと思ったわけです。

お店で販売していた磁気ネックレスは、18金や18金のホワイトゴールドのチェーンの間に磁気を埋め込んだデザインのネックレスやブレスレットです。

磁気ネックレスや磁気ブレスレットとは、埋め込んだ磁気の磁力を利用して、肩こりや首こりの改善効果をねらっています。

一般的に着けているだけで、肩こりや首こりに良い作用をもたらす効果があるとされています。

 

こちらのブレスレットは、自家用です。

 

自家用の黒セラミック素材のブレスレットは、裏側に「磁気」が5個埋め込んであります。

さりげなく使用しています。
 

磁気ネックレスや磁気ブレスレットは、なぜ肩こりや首こりに効果があるのでしょうか?

磁気ネックレスを着ける前に、なぜ肩こりや首こりの改善効果があるのか気になりませんか?

実は、ネックレスやブレスレットに埋め込んである「磁気」にあり、その磁気が血液中のヘログロビン鉄に働きかけるそうです。

そうすると、血流が改善されて基礎代謝が上がり、免疫力も高まり身体がポカポカと温まります。

パソコンや、スマホを長時間凝視すると眼の疲れが出て、さらには現代人は冷え性の人も多いので、筋肉が固くなり、その事で肩こりや首こり、腰痛の原因になると言います。

磁気ネックレスは、磁気の力を利用して体内の血行を促進する事で、肩回りの冷えを取り除いて、筋肉のこりを解消する効果があります。

最近では、老若男女問わずに肩こりや首こりの人も多く、特に20代から40代の比較的に若年層にも肩こりで悩んでいる人が増加していると言います。

CMなどでも宣伝しています、小さな磁石を絆創膏のようにシールで貼るタイプを見かけませんか?

磁気ネックレスの効果も、その磁石の入った絆創膏の原理とほとんど同じで、それらは「磁器治療器」と広い意味では呼ばれています。

磁石のことを知りたい方は、下記を参考になさって下さい。

磁石はなぜくっつくのか原理やN極やS極の意味はご存知ですか?

 
スポンサーリンク


 

磁気ネックレスの副作用

磁気ネックレスの副作用とは?

薬もそうですが、効果のあるものは必ずと言って良いほど「副作用」があるものです。

では、磁気ネックレスの効果があるとすれば、着けていて副作用はあるのか気になります。

肩こりや首こりや腰痛の改善目的で、磁気ネックレスの効果を期待して購入したけれど、時にこんな噂も耳にします。

磁気ネックレスの効果は、アスリートの方や、老若男女問わずに色々な人が利用して着けています。

ところが、ネットで検索していますと磁気ネックレスの効果についてこんな噂の書き込みもあります。

「磁気ネックレスの効果を期待して着けていると、皮膚にかゆみが出る」

「磁気ネックレスを購入して着け始めたら、頭痛がする」

このような書き込みを見ますと、私もそうですが、体質に合わない場合が出るのではないかと不安になりますね。

私は先程もご紹介した黒セラミックの磁気ブレスレットを使用していても上記のような悩みはありません。

もし、実際に磁気ネックレスやブレスレットを着けてから副作用が出るとたまりませんから商品を選ぶときには信用のできるものを選びましょう。

磁気ネックレスや、磁気ブレスレットを選ぶときには、「医療機器」として認証されているものを選ぶと安全です。

磁気ネックレスの中には、「医療機器」として認定が付いているものと、そうでないただ磁石を付けただけの無認可の商品もあります。

医療機器として認定されて販売されているものは、一定の人体に良い効果や効能が検証された上で商品化されています。

なので、肩こりや首こりの改善効果も期待できる訳です。

本当に肩こりや首こりを改善する目的で磁気ネックレスの効果を期待されるのであれば、「医療機器」として認定された品をおススメします。

■ 磁気ネックレスや磁気ブレスレットは、肩こりや首こりの改善効果がある。

磁気の「磁石」は人体に悪い影響を与えるの?

磁石は人体にどのような影響を与えるのか気になりませんか?

もし、それが悪い影響を与えるとすれば怖い事ですし、着けるのも嫌になりますよね。

磁石が人体に悪い影響を与える事は、結論から言いますと、磁石自体が人体に悪い影響を与える事はほとんど無いと言います。

ただ、磁石がなんらかの人体に影響を与えるので磁気ネックレスが、「磁器治療品」として販売されている訳です。

磁石の磁気の力を使う事により、肩付近の血流を改善させて、肩こりに効果があるのも事実です。

このように、基本的にはすべての磁石には、人体に影響を与える可能性があり、その性質を上手く利用しているのが磁気ネックレスになります。

市販で販売されている磁気ネックレスや磁気ブレスレットには、あくまでも肩こりを治療や改善する目的で開発された商品です。

そのため、各社が研究の元、副作用が出ないように作られて販売していますから、副作用は普通は出ません。

このように、基本的には磁気ネックレスで副作用の影響は出る事ははとんどありませんが、使用する上で気をつけなければならない人もいます。

■ 磁石自体は人体に悪い影響を与えないので、磁気ネックレスや磁気ブレスレットは安心な商品。

磁気ネックレスの副作用はなくても、使用に気をつける人とは?

磁気ネックレスには、基本的には副作用がない事を書きましたからご安心ください。

しかし、中には磁気ネックレスの使用を見合わせると良い人もいまから、下記の人は使用には注意して下さい。

■ ペースメーカーなどの医療機器を身に着けている人

■ 妊娠初期や出産直後の人

スポンサーリンク