天皇陛下ご即位記念10万円金貨は、換金処分するとお得です。

金価格がこれだけ上昇しますと、買取価格も額面以上になっています。

日本で発行された10万円金貨には2種類あります。

「天皇陛下ご即位記念10万円金貨」と、

「天皇陛下御在位60周年金貨」ですが、換金処分する場合の買取価格が違います。

一度、現在の買取価格を調べて見ませんか?

 

スポンサーリンク
 

天皇陛下の記念金貨は10万円で2種類あります!

天皇陛下に関する日本で発行されている10万円記念金貨には2種類あります。

日本で発行されている10万円金貨には、天皇御即位記念と、昭和天皇の御在位60周年記念に発行されたの記念金貨があります。

この10万円金貨の種類には、「天皇陛下ご即位記念10万円金貨」と「天皇陛下御在位60周年金貨」の2種類です。

日本の記念金貨としては最高額で、ともに額面が10万円の金貨ですが「換金処分」となると大きな開きがあります。

少しややっこしいですが、下記に区分してみました。
 

天皇陛下ご即位記念10万円金貨

天皇陛下ご即位記念10万円金貨は、平成2年(1990年)に発行された記念金貨です。

2種類発行の金貨でも価値があるのはこちらで、購入時が同じ10万円でも金貨の重さが違います。

発行当時と比べると、金の相場は現在は高騰しているので発行当時よりもかなり資産価値があります。

■ 名称:天皇陛下ご即位記念10万円金貨

■ 発行国:日本

■ 鋳造:造幣局

■ 材質の重さ:30グラム

■ 材質:金

■ 品位:純金(K24)

■ 直径:33ミリメートル

■ 金貨表面デザイン:鳳凰(ほうおう)と端雲(ずいうん)

■  金貨裏面デザイン:菊の御紋と桐と唐草

■ 発行年:平成2年(1990年)

このような仕様の10万円金貨で、魅力は純金の重さが「30グラム」ある事です。

金の買取価格は、世界の政治や経済の動きで敏感に価格が変動する「金価格」に大きく左右されます。

1990年の金価格の一年間の相場(田中貴金属工業)の平均価格は、1826円です。

通常、「地金型金貨」の場合は製造コスト以下の額面で、使用される金の価値に諸経費を加えた価格で販売されます。

発行当時では、1826円の30グラムですから金の使用価格は、54780円です。

同じ金貨でも、「収集型金貨」は地金型金貨に比べて少量製造され、額面は製造コスト以下ですが高額で販売されます。

下のサイトが参考になります。
http://sirakawa.b.la9.jp/Coin/S095.htm

 

天皇陛下御在位60周年金貨

天皇陛下御在位60周年金貨は、当初は「地金型金貨」でもなく、「収集型金貨」でもない特殊なスタイルで発行されました。

なぜ御在位60年記念金貨は、こんなに金の使用量が少ないのに10万円で販売されたのでしょうか?

理由は、当時の政府がコストを抑えて製造した金貨を高い額面でばらまいて、その差益を国の財源にしようと考えました。

またアメリカとの貿易摩擦が問題で、金貨の材料である金をアメリカから大量輸入する事で外交問題の緩和する事が政府案でした。

当初の10万円金貨は1000万枚製造して、発行総額は1兆円にもなり、製造費などもろもろ計算しても額面の半分以下で出来上がり、残りは政府の財源です。

政府の考えでは、殆ど通貨としては使われないと考えて、額面価格で販売して引き換えも可能としました。

これで政府には差益の約5500億円が国に入ることになります。

このようなお国の事情や理由から、天皇陛下御在位60周年金貨は金が少なく作られたのです。

■ 発行国:日本

■ 鋳造:造幣局

■ 材質の重さ:20グラム

■ 材質:金

■ 品位:純金(K24)

■ 直径:30ミリメートル

■ 金貨表面デザイン:鳩と水

■ 金貨裏面デザイン:菊紋

■ 発行年:昭和61年(1985年)・昭和62年(1986年)

ところが大問題が起きました。

天皇陛下御在位60年記念金貨は製造コストより高い額面で大量製造し、その額面価格のままで販売されたようです。

これは、当時の金価格相場ですと約5万円の製造コストで容易に10万円の価値を生み出すのも可能です。

世の中には悪い輩が多くいて、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は1990年に大量の偽造金貨が発覚しました。

記念金貨は、昭和61年度には1000万枚発行され62年度は100万枚発行されました。

しかし、偽造された記念金貨は61年発行の銘柄のみで不思議で、発行枚数1000万枚の内、約11万枚が偽造されたと発表されています。

偽造は本物から型を取り、純金を型に流し込む方法という単純な方法で制作が可能です。

しかも大量発行されていて、額面価格で引き換えされる可能性もあり趣味で金貨の購入時には注意が要ります。

この大量偽造事件の後に発行された記念金貨は、普通の収集型金貨と同様になり、偽造防止の対策もされています。

スポンサーリンク
 

2種類の記念金貨を換金処分すると価値はどうなの?

天皇陛下御即位記念10万円金貨はいくらで買取され、換金処分できるか気になりませんか?

どちらも10万円で販売されましたが、買取価格は大きく違います。

純金の場合は当日の買取価格で大きく左右され、買取価格は毎日更新されその都度違ってきます。

額面が同じでも、「天皇陛下ご即位記念10万円金貨」は、30グラムの金の重さ、「天皇陛下御在位60周年金貨」は20グラムです。

この10グラムの違いは大きな換金処分時の違いになります。

「天皇陛下ご即位記念10万円金貨」の換金処分価格

こちらは、純金の重さが30グラムありますから、換金処分して買取しても額面以上の価値があります。

お金ですから、お店でもそのまま使用も可能ですがそんなことをする人はいませんし、嫌がられます。

銀行に持ち込めば金の相場に関係なく10万円として換金が可能ですが、換金するには鑑定に少し時間がかかる場合もあります。

現在の金買取価格は5000円を超えていますので、先日地元の全国展開している買取店で買取価格を尋ねると「130000円」でした。

こちらの金貨をお持ちの方は、金が高騰している今がチャンスかもしれません。

メルカリや、楽天市場では15万円~17万前後で販売しています。

メルカリで販売することも出来ますが、10%の手数料や送料もかかり、ヤマト便で発送は可能ですが保険は掛けれません。

途中での荷物の紛失や、到着後に悪意の返品交換で金貨がすり替えされる場合もありますから注意が要ります。

下記では、「天皇陛下ご即位記念10万円金貨」の換金処分での買取価格がわかります。

【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

 

「天皇陛下御在位60周年10万円金貨」の換金処分価格

御在位60年記念金貨は、純金が20グラムですから、現在の金(K24)の買取価格が5000円ですと額面通りです。

この金貨は大量生産され、しかも偽物も流通している可能性もあり骨董価値はありません。

通常の買取店や、コイン店でも買取はしていなく、大手の地金買取店での10万円金貨は買取していません。

一部の大手の買取店では買取していますが、当日の金の相場により買取価格が額面割れを起こす場合もあります。

現行は10万円の通貨ですから、法的にはどのお店でも使えるはずですが、普通は嫌がられます。

銀行なら持ち込めば、10万円として受け取り可能ですが鑑定の場合には時間がかかる場合もあります。

10万円の価値はありますから、金の価格が暴落しても金の価値は10万円未満にならないのは安心です。

下記では、「天皇陛下御在位60周年金貨」の換金処分での換金価格がわかります。

【金・プラチナ・宝石・ダイヤモンド・ブランドジュエリーの専門買取】

スポンサーリンク