あなたは、天然石のスギライトの名前は聞いたことがあるでしょうか?

スギライトは、とても癒し効果の高いパワーストーンで「世界三大ヒーリングストーン」の一つです。

では、「世界三大ヒーリングストーン」の他の2種類はご存知でしょうか?

スギライトと組み合わせる事で、さらにパワーストーン効果が強まる相性の良い宝石とは?

スポンサーリンク

スギライトのパワーストーンの意味と特徴とは

スギライトのパワーストーンの意味や効果とは?

スギライトは高い霊性とパワーを持つと言われていて、心や身体を深い部分から浄化するパワーストーンです。

外部からのネガティブなエネルギーを除去して、活性化させて、絶望感や怒りなども鎮めて、辛い気持ちや情緒を安定させます。

スギライトのパワーストーン効果は、内部に潜む知恵と洞察力、想像力を高め、普遍的な真理を追究する力をもたらすと言います。

永遠不変の愛」を約束する「愛の石」と言われますが、この愛は現実的な誰かに対してではなく、全世界や全宇宙に対するような壮大なものになります。

スギライトを使って瞑想すると、何とも言えない幸福感に包まれるのを体感できますので、一度お試しください。

また、人間関係の困難を解決できるように導いたり、過去の嫌な思い出やショック、トラウマなども解消する働きがあります。

新しいステップにチャレンジしたい時や、踏み出す勇気が持てない時には、さりげなくスギライトを身に着けるのをおススメします。

 

 

【効果的な使い方】:ブレスレット・ペンダント・ネックレス

 

 

スギライトの「ココが凄い!」パワーストーン効果

霊的なパワーで、全宇宙の愛を感じ取る

三大ヒーリングストーン

強い浄化と癒し効果

永遠不滅の愛を約束

ネガティブなエネルギーの除去

ショックやトラウマを解除する

高い霊性と強いパワー効果

絶望や怒りを鎮める

知恵、洞察力、想像力を高める

他からの敵意を解除する

 

■ 関連記事

天然石 スギライトの世界三大ヒーリングストーンの効果や意味

パワーストーンのスギライトの効果は、いじめを避けたい人に最適!

【宝石種類】スギライト 効果は、医師もすすめるパワーストーン

 

スポンサーリンク

 

スギライトと相性の良いパワーストーン効果を高める宝石の種類

モリオン + スギライト

天然石のモリオンのパワーは、「不運を寄せ付けない、強力なエネルギーのバリア」も持ち合わせたパワーストーン効果があります。

自然界に存在する放射線の影響を受けて形成される、とても稀少性の高い「黒水晶(和名)」です。

スギライトとの相性では、霊的な障害を受けやすい人の守護石として、邪気を払い除ける強い効果を発揮します。

 

■ 関連記事

天然石 モリオンは、ストーカー・パワハラ防止のパワーストーン効果

 

アメシスト + スギライト

宝石の中では2月誕生石のアメシストとして人気があり、和名は「紫水晶(むらさきすいしょう)」と言い、水晶の一種です。

水晶のパワーストーン効果の浄化と、強力なヒーリングのパワーを持ち、心身を深く癒して、ストレスを解消したい時に最適なパワーストーン効果があります。

また、心の聖域を守り、邪悪なものや自分に相応しくないマイナスエネルギーを遠ざけるとも言われています。

アメトリンとの相性では、内面に潜んでいる激しん感情や怒りを抑え、周りを見渡す洞察力や直感が高まり、適切な判断を下せるようになります。

 

■ 関連記事

アメシストの種類にはどのような宝石の名前や意味があるのですか

アメシストの意味や2月誕生石のパワーストーン効果と相性石とは

宝石種類でアメシストの医師も驚いたパワーストーン効果とは

 

アマゾナイト + スギライト

天然石のアマゾナイトは、携帯電話、電子レンジ、パソコンなどの電化製品から出る電磁波を吸収して、カットするパワーストーン効果があります。

アマゾナイトは、現代人に多く見られる電磁波によるダメージを軽減して、快適な生活を送れるように電磁波を除去する効果が高いパワーストーンです。

スギライトとの相性では、プラスになるエネルギーのバランスを保ち、スギライトの強いパワーを調整して、さらに効果が高まるように後押しします。

 

■ 関連記事

アマゾナイトのパワーストーン効果は電磁波の浄化とイライラ解消

アマゾナイトの意味とパワーストーンの効果で相性の良い宝石とは

宝石種類でアマゾナイトは医師も驚いたパワーストーン効果とは

 

 

天然石のスギライトの意味や特徴

スギライトの天然石の意味や特徴と名前の由来とは

世界三大ヒーリングストーン」の一つとして人気のスギライトは、1944年に瀬戸内の岩城島(いわきじま)で発見されました。

発見者は岩石学者の杉健一教授で、発見された「うぐいす色の宝石」は、教え子たちの尽力で1976年に新種の鉱物だと判明しました。

名前の由来は、恩師の名前にちなんで「スギライト」と命名されたそうです。

その後ですが、1980年頃に南アフリカのブィーセル鉱山から、紫色の美しい「マンガン・スギライト」が発見されました。

この発見された宝石は「癒しの石」としてもとても人気が高まり、「世界三大ヒーリングストーン」の一つに数えられました。

スギライトの特徴は、ナトリュウム、カリュウムなどを含むケイ酸塩鉱物の種類で、鉄やマンガン、アルミニュウムを含んでいます。

これらの成分バランスで発色の違いが生まれて、鉄分を多く含む石は濃い紫色、アルミニュウムの多い石はピンクになるので不思議な特徴があります。

稀ですが、青色の「リビテライト」や「ペクトライト」と共存する宝石や、石英化して透明感のある「ピンクスギライト」も産出されます。

スギライトの豆知識と「世界三大ヒーリングストーン」の種類

癒し効果の高いヒーリングストーンとしての人気は「世界三大ヒーリングストーン」と呼ばれています。

外敵から身を守るバリアを張る効果があり、強力な保護力を持ち合わせているので「いじめを避けたい」時に最適なパワーストーン効果があります。

ちなみに「世界三大ヒーリングストーン」とは、「スギライト」・「ラリマー」・「チャロアイト」になります。

天然石のスギライトは日本で発見された宝石の種類で、強力なヒーリングパワーを持つパワーストーン効果があると注目されています。

 

【取り扱いの注意】:長時間の直射日光は避ける

 

■ 関連情報

天然石 ラリマーの意味とヒーリングストーンで世界三大の効果とは

天然石 チャロアイトの意味やブレスレットのパワストーン効果

 

スギライトの鉱物学データーと、宝石言葉は?

英名:Sugilite

和名:杉石(すぎいし)

主な産地:南アフリカ・日本・イタリア・オーストラリアなど

結晶系:六方晶系(粒状集合体)

硬度:5.5~6.5

比重:2.7~2.8

成分:KNa2(Fe2+,Mn2+,Al)2Li3Si12O30

色 :パープル・赤紫・ピンク・黒・褐色など

処理:特になし

 

宝石言葉:「保護」・「癒し」・「浄化」・「献身」・「高い霊性」

 

スポンサーリンク