宝石の琥珀と聞くと、あなたは何を思い浮かべるのでしょうか?

私は、恐竜映画で「ジェラシックパーク」です。

琥珀の化石の中の蚊が、恐竜の血を吸ったDNAから再現するというドラマです。

また、琥珀には医師もすすめるパワー効果があります。

 

スポンサーリンク
 

 

宝石 琥珀(こはく)の意味と、医師もすすめるパワーストーン

病気を治し魂を癒す「宝石」の医の力

宝石の琥珀(こはく)は、アンバー(Amber)の名前で流通している宝石種類で人気があります。

宝石と言っても鉱物ではなく、「有機質宝石」の仲間で、パール(真珠)やサンゴも同種です。

琥珀は、恐竜の居た時代前後から針葉樹の樹液が数千万年かけて化石化したものです。

旧石器時代から宝飾品や装飾品、治療薬として利用されていました。

古代エジプトやギリシャでは、祈祷師(きとうし)たちが儀式の時に身に着け、神聖なお守りとしても用いています。

琥珀は、比重が軽く海水に浮き、硬度も柔らかくて150℃で軟化します。

熱にとても弱いので、パワーの回復のための「浄化」の際には日光浴を避ける取り扱いが要ります。

■ パワーストーンの浄化に関する関連情報

天然石 パワーストーン効果を上げる浄化方法のおススメ8選とは

パワーストーンはお願い事の効果があるの?意味や浄化の仕方は?

 

宝石 琥珀(こはく)の体への作用と効果

関節の動きを円滑にするパワー効果

琥珀には、関節液の分泌を促す効果的な作用があり、関節の動きをスムーズにします。

そのため、膝(ひざ)や腰などの関節痛にパワーストーンの効果を発揮します。

また、消化機能を司(つかさど)る第3チャクラ(場所:みぞおち部分)を活性化させる作用と効果があります。

そのために、胃腸など消化器官の疲れを感じている人にもとてもおススメです。

 

宝石 琥珀(こはく)の関連情報

宝石 琥珀(こはく)の意味やパワーストーンの関連情報

天然石 琥珀の意味や神秘的な魅力やアンバーの種類とは

天然石 こはく・琥珀・アンバーの意味や金運のパワーストーン効果

スポンサーリンク
 

 

宝石 琥珀(こはく)の気持ちや意識への作用と効果

相手に対して、許せる心を養うパワーストーンの効果

私たち、森羅万象(しんらばんしょう)は、全知全能の宇宙により司られています。

(森羅万象:宇宙などのすべてにおいて存在する数限りのもの)

その中で、私たちはさまざまな体験や経験を通して変化に順応する柔軟な心と、どんなことも許せる心を養っていきます。

琥珀は、そんな心の成長を応援してくれます。

目の前で起こったことは起こったこととして認め、さらに現実に立ち向かうための新たな気力を湧かせてくれます。

 

宝石 琥珀(こはく)のパワーストーンの精神症状と効果

宝石 琥珀(こはく)には、特に下記のような「精神症状」に対して改善のパワーストーンの効果があります。

医師もおススメする、特に役立つと思われる「精神症状」とは

飽きっぽく途中で投げ出す。

物事が上手くいかないと直ぐにガッカリしてしまう。

変化に順応できずに自分の殻に閉じこもってしまう。

頑張りがなくて、すぐ諦(あきらめ)める。

 

宇宙から宝石 琥珀(こはく)の効果を応援するメッセージ

宝石 琥珀(こはく)には、あなたの周りの変化に上手く順応するように見守るパワーストーンの効果があります。

宝石言葉:豊かさ、年月をかけた成功、富の結晶

 

スポンサーリンク